障がい児保育

あおぞら保育園における障がい児保育

あおぞら保育園

あおぞら保育園では、障がい児と健常児が、互いに育ち合い、支え合う関係を築くことをめざし統合保育を実践しています。
統合保育の対象になる子どもは、保育に欠ける障がい児であり、通所及び集団保育が可能で特別児童扶養手当の受給資格を有する子どもたちとしています。

基本的に子どもたちは、集団の中でこそ多くのことを学びながら、その人格は育つものです。あおぞら保育園では、子ども一人ひとりの障がい・発達・生活にしっかり向き合い、その育ちにしっかりと寄り添い、じっくりと内面を育みます。私たちは保護者のみなさまのご理解とご協力を前提に保育士としての高い専門性と専門支援機関との連携を密にしながら、一人ひとりの子どもの個としての発達を見守り、同時に集団としての発達も見守り続けながら、統合保育に取り組んでいます。

お問い合わせ